Img_aa4382f88f31fa7c276699f3e45b025d
本日よりギャラリー空箱さんにて個展がスタートいたしました。

今回、石を使った作品のディスプレイを少し変えてみました。
標本のように見せたいと常々考えていたので、一番大きなテーブルに目一杯並べてみました。
さらに各作品の横はひとつずつ識別カードのようなものも準備しました。そこには採取地と日付が小さく書かれています。
全ての日程在廊出来ないのですが、不在時に来て頂いた方にも少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。
本日から月曜日の夕方までギャラリーに在廊しています。

朝少し早めに出たおかげか、今日は余裕を持ちつつギャラリーに到着できました。
お客様がいらっしゃる前にデジカメで作品の様子を撮影。
ノートpcは自宅に置いてきているので、また安曇野に戻ったら写真などupいたします。
スマホで撮影した様子を少しだけ。
Img_d597c19ec7db5fa8900cc71bad728168
同時開催している初雪・ポッケさんの「ユクラユクラ」展 (Click!) は、小さな博物館にひっそりとありそうな不思議なものたちから、古い玩具を思わせるような懐かしさを少し滲ませたようなものたち。
中でもこの写真の3点には心引かれました。

貫入の様でいて、より細やかな卵の殻で描かれた模様。ピアスのフープの金と白のバランスがとても好きです。
ネジのようなアルキメデスの名を冠した化石のブローチ。その佇まいは、昔みたダ・ヴィンチの手稿にも出てきた水を汲み上げる装置を思いださせてくれました。
熊のペンダントは金に光る目が、古い玩具の持つほんの少しの怖さをも感じられます。

ひとつひとつの作品が持つそれぞれの物語が、冬の静かな時間の中で丁寧に繙かれていくような、そんな素敵な展示です。
Img_f2eed62326d4b78f76a0c2c7a1708805
Img_59784663baeb7eb16855926f39cfffe1
Img_652816e8cc5c09f8ec3c26b43899e23c
恵比寿のソラノハコさんでの展示、無事に終了いたしました。

今回はシックな空間にしたく、持っていく作品をかなり選びました。でもそのおかげて思うような空間がつくれ、また皆さまに見ていただけてとても良かったです。
一歩一歩より自分の表現を深めていく為に客観視できた良い機会ともなりました。

同開催させていただいた初雪・ポッケさんの展示もとても素敵で、より皆さまに楽しんでいただけたかと思います。
ありがとうございました。



次回展示は4月に大阪での企画展に参加予定です、