Img_346684fee54a17bd7e7e8ac0b1e4576af2349fa5
Img_19b6f85f7aa1a8d06eebb9c22f3ba67ee18408df
Img_e8a75e99cb553c6511aec5fadfa44bf38d94d003
日々がどんどん過ぎている・・・

毎日所用でバタバタしていたら、すっかり・・・
いけませんね。今週中って書いたのに。

気を取り直して、赤沼家。
写真のランプは瓢箪灯です。
隣の池田町で制作されている作家さんです。
瓢箪を育てるところから制作ははじまっているんです。
独特世界観のあるペイントと、無数の細かい穴からあふれる灯。
一つ一つ瓢箪の形に合わせて異なるその見え方は素敵です。
赤沼家で毎年見られるのを楽しみにしているんです。

竹工芸は吉田佳道さんの作品。
赤沼家の空間とのマッチは素晴らしいです。
わたしのつたない写真では伝え切れませんが、その手仕事の確かさなどは勉強になります。
ものを作るということへの真摯な姿勢など見習わなくては!
今回の展示で一番刺激を受けた作家さんです。

さて、最後の写真は「行商」彫金作家、長井一馬さんが縁側で出展準備をしているところ。
今回は土日だけの緊急参加だったので「行商」。
ふらりとやってくる寅さん的雰囲気も、赤沼家らしくて面白かったです。
行商と書いてはいますが、作品はすごいです。
ものすごく細かいところまで詰めて作られたものたちは圧巻!彫金の鬼です。
気になる方はぜひ来年の赤沼家で。
きっとまたふらりとやって来てくれるはずです。