Img20091113012415
Img1b20091113012415
Img1c20091113012415
安曇野スタイルにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
マスク姿でオカマのような声でしたが、ゆっくりと多くの方とお話ができてうれしかったです。
終わったと思ったらなんだかひゅっと抜けてしまい、はや10日たってしまいました。


この会場となった赤沼家、まさに紅葉まっさかりですてきな4日間でした。
少しですが展示の感じなど写真にUPしてみます。
飾っている什器などもほとんどが赤沼さんのところのもの。
おばあちゃんの文机なども素敵なんです。
小物のみこまごまと出展者で持ち寄り楽しく搬入したんです。

写真に写っているのは3間続きの昔は結婚式などもしていたというお部屋。
いらしたみなさんも作品よりふすまの昔の下張りを見たり、欄間やお庭などいろいろと楽しんでいただけたようです。
このお屋敷見たさに遠方よりいらっしゃった方も!
わかる気がします。

ちなみに3枚目の写真にうつっているお琴(たててある!)は、持ち運び用の少し短いものなんだそうです。
こんなものがあるって始めて知りました!ちょっとした仕掛けのある面白いものでした。
そんなお琴の持ち主はガラス作家の浅妻さん。
別のお部屋の喫茶で抹茶の注文が入ると、生演奏をしに小脇に抱えて駆けつけていました。


とういことでイベント盛りだくさんの赤沼家の4日間の様子を↓にいろいろと。
Img2a20091113012415
ビクトリアでは地元産が
Img2b20091113012415
ランチや
Img2c20091113012415
お菓子とコーヒー&お抹茶は
Img3a20091113012415
こちらや
Img3b20091113012415
こちらでいただけます
Img3c20091113012415
前庭ではこのあと
Img4a20091113012415
舞踏家の公演がありました
このほかにも夜には土間のステージでコンサートなども。
興味がわいた方はぜひ来年の安曇野スタイルへお越しください。