Img_9fd12f505ddcbd3bdfcd22bdfca79094
「旅路」


数年前に手に入れた古いトランクの中にそれはあった。
小さな皮張りのその手帳には、ある一人の男の長い旅路が綴られていた。

小さな字で丁寧に描き出されたその彼の旅路を、
私は一つ一つ読んでいく。

彼は長い旅路の中で多くのものに出会った。
喜びも悲しみも、あたたかさもつめたさも。
すべてが彼を作り出す一つ一つのpieceとなり、
彼の中にひとつの地図を描いたのだ。

やがてその物語は、国や言葉やあらゆるborderを越えて、
まだ見ぬ異国の地へと私を誘う。


旅終わりに、彼は何を見つけたのだろう。


広大な、少し鈍色がかった海を見つめながら、
私は、託された古い手帳に新たな旅を書きはじめる。